スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手にて・・・

    090625_1455~04

おばあちゃんがまだ頑張っているので岩手でダラダラ過ごしています。
お父さんと、甥っ子と、おばあちゃん家に向かう途中にある「お滝さん」
という滝へ・・・。甥っ子大はしゃぎ。私と、弟の奥さん(めっちゃ美人)
と3人でびしょ濡になって水遊びをしました。(じいちゃんは日向ぼっこを
していたマムシを棒で突っついていたり何か食べられる山菜は生えてないか
あたりを物色)のんびりゆっくり・・・田舎の時間は過ぎてゆきます。
帰りにジャスコへ(岩手にもあるんだなあ!ジャスコ)寄って。なんと!!
シャトー・ヌフ・デュ・パプ1997を半額以下の3500円でゲット♪
大阪に持って帰るつもりですが・・・・飲んじゃうだろな。きっと。
こちらの友達は皆、子供が2人か3人いて、家も立派なのを建てていて。
・・・私はこれでいいのか?毎日何も生産せずに飲んだくれてて(泣)
などと考えてもみましたが、まあいっか。
スポンサーサイト

そら豆とシーフードのアーリオオーリオ

  090620_1812~02

今日は、毎月ワインちゃんに来て下さっているカップル様のリクエスト
「そら豆を使ったお料理が食べたい」から・・・。そら豆、今が旬ですね
・・・かき揚とか、ゆがいてお酒のツマミにするとか・・・。うーん。
そら豆の冷製スープをまずお出しして、それからアーリオオーリオ
(大雑把に言うとニンニクを使ったらアーリオオーリオです。大雑把すぎ)
淡路産の蛸、パプリカ、そら豆、アスパラ・・・旬の野菜もたっぷり。
お料理、お野菜のリクエストは大歓迎です。お気軽にお申し付け下さい。

・・・明日から岩手へ帰りますので看板娘(誰がじゃ・・・)がいないと
コックさんも寂しいのでご予約のないディナータイムはお休みさせて
頂く可能性が高いです。お電話頂いたうえ、ご来店くださいませ。
ご迷惑をおかけします。岩手で美味しい野菜やお肉(短角牛かっ?)
仕入れて帰って来ます☆ブログもそれまでお休みさせて頂きます。

桜桃忌に思うこと

本は大好きでどんなジャンルでもどんな作家でも手当たり次第
読んでいます。池波正太郎の「鬼平犯科帳」が心のバイブルです☆
何でも読むのですが食わず嫌いというか・・・太宰治と内田康夫。
太宰はなんとなく「大人の読む本」だと思ってたのですがそうこうしてる
うちにすっかり大人。もうすぐ太宰が亡くなった年齢になる自分・・・。
生誕100年を迎えた太宰の今日は命日。お友達の奨めもあって
太宰の命日に1冊購入しました☆読むのが楽しみです。本屋さんで
太宰コーナーがあったので「津軽」を選びました。

  090619_1652~01
3日程前に、実家から電話があり、祖母が危篤との報せ・・・。
もう97歳だか98歳。ついこの間帰った時もシャンシャン歩いていて
一緒にお酒を飲んだおばあちゃん。和裁が得意で20歳位までは
私達孫の浴衣を毎年順番に縫ってくれて、楽しみにしていたものでした。
せめて話が出来るうちに、会っておきたいと、今週末岩手へ帰る予定
なのですが・・・って事はおばあちゃんて太宰と年が変わらないんだ。
生きていれば、おばあちゃんのように孫やひ孫がいっぱいの人生を
歩んでたのかなあ・・・一生東京で暮らしたのかな。生まれ故郷の
青森には帰りたくならなかったかな?等等考えながら、機内で太宰を
読みます。そしておばあちゃんに会いに行こう!もう少し頑張っててね!
バックの箱は「大吟醸 長龍」です。父の日に送ろうと思っていたのですが
自分で持って行く事になりました。せっかくなので、お父さんとお酒を
酌み交わすのもいいかも☆肴は私が作りましょう。週末は太宰と
おばあちゃんと父の日と。忙しくなりそうです。飛行機代36000円てのを
何とかして欲しい!往復したらハワイ旅行出来る位なんですけど??

ルロワ ブルゴーニュ

  090618_1431~01

ジメジメと暑いこの時季には、やっぱりどっしりボルドーよりも、華やかな
香りとフレッシュな酸味を持つピノノワールが人気です。
メニューには載せておりませんし、特にオススメすることもないのですが
マダム ルロワのブルゴーニュがセラーにいます♪マダム ルロワと言えば
92年まで、DRC(ロマネ コンティ)の共同経営者であり(現在は甥が所有)
一流ネゴシアン(ワインの仲買人)の家に生まれ、3歳からワインを飲んでいた
と言われ、ブルゴーニュの頂点、その卓越したワインの鑑定眼と知識の深さは
フランスではまず、右に出る者はいないと言われております。80年代後半より
買い付けるワインの質の低下、土壌のあり方に見兼ねて、「えーい!自分で
葡萄から造ったるやんけ」と言うことで「ドメーヌ ルロワ」そして「ドメーヌ ドーヴネ」
を所有しています。ルロワの方は、ファミリー・ルロワ・高島屋が3分の1ずつ。
ドーヴネはマダムとダンナ様だけの所有。(ちなみにドーヴネのシャンベルタンで
1本10万円程、ムルソーで2万円から)そんなワインには手が出ませんので
画像のワインでルロワを少しでも・・・。「ルロワ ブルゴーニュ」はマダムが
ティスティングして、買い付けたワインなどで、ルロワが品質を保証したワイン
です。赤い果実、スミレの花のようなチャーミングな香り・・・この時季にピッタリ。
・・・・お値段はボトルで7500円です。ちょっと勇気を出して、いいカッコしたい
日に開けたいワインですね。出世したとか、付き合って無事に3年目を迎えたとか。
いや、全然、何もなく普通にテーブルワインとして飲んで頂けたら言う事ない(笑)
そういう方はちょっと特別な日ってすんごいの飲むんだろうなあ・・・。

本日ディナータイム、臨時休業致します。コックさん体調不良です。
申し訳ありません。今日ゆっくり休ませてもらって、明日完全復活します。

季節野菜のフリッター&みすじのグリル~菜園風~

2組のご予約がどちらも女性だけだったワインちゃんレディースDAY♪
お料理もなんとなく「女性が喜ぶ感じ」を意識したり。

   090616_1932~01
こちらは「季節野菜のフリッター」ズッキーニ、太アスパラ、丹波しめじ
そら豆だったり、茄子だったり、季節のお野菜でご用意します。
白ワインも、ビールも、しゅわしゅわも・・・何にでも合う夏の1品です☆
小麦粉ではなく「米粉」を使っているので、カラリと揚がって美味♪

090616_1939~01

こちらは、和牛みすじ肉のグリル~菜園風~です。カラフルなサラダには
沖縄の島オクラやフルーツトマト、ルッコラなどをあしらって。
仕上げに煮詰めたバルサミコで作ったソースをかけます。こちらは
以前ブログでご紹介した、オーパスワンに勝ったワイン「STAR LANE」を
飲む為にご予約頂いたお客様から、「ワインに合うお料理を」とご注文
頂いて作りました。この前にフォアグラのポワレ 蜂蜜のソースも。
フルボディのSTAR LANEはパワフルなのですが、ボルドーのように
どこまでも濃く、陰な感じではなく、カリフォルニアらしい明るさを持っています
最後に「このワインの余韻をもう少し楽しみたいからもう1杯なにか・・・」と
言われて困っちゃいました(笑)ないです。どんな赤ワインを飲んでも
「さっき飲んだ」ワインと比べてしまって、そこに出されるワインが可哀想に
なっちゃう~(泣)そりゃオーパスワンなどがあれば別ですが・・・。
そんな訳で私が降参して「もう全く違うものを飲みながら余韻に浸りましょう」
でも正解でした・・・。私達まで頂いて(5月に飲んで以来、久々の再会!)
やっぱりこのワインすごいな~毎月は無理だけど、3ヶ月に1回位、頑張って
開けたいよね!と思いました。昨夜も楽しい時間、楽しい会話、皆様の
素敵な笑顔・・・最高の「ワインちゃんな夜」ありがとうございました。
またのご来店、心よりお待ちしております♪

いただいちゃいました♪~ほおずきトマト~

   090616_1353~01

お客様からいただいてしまいました~♪ほおずきトマトの鉢植え!
小さいほおずきもたくさんくっついてます。お花も咲いています。
食べられない方のほおずきと全然違います・・・。茄子みたい!
熟してくると、枯れたような色になって実がオレンジに色づきます。
甘くなるのかな~虫はつかないのかな~。いつ食べられるかな♪
とっても楽しみです。大切に、大切に育てたいと思います。

ワインちゃんのワイン畑☆

   090615_1551~01

お客様との会話の中で、「皆でワイン畑のオーナーにならない?」と
盛り上がり、早速資料を取り寄せました。山梨県勝沼のワイナリーの
区画のオーナーになれる制度です。自分好みのワインに醸造してくれ、
エチケットも自分でデザインできます。楽しそう♪秋には皆で葡萄の収穫
&富士山を見に山梨へ行けるし!早速申し込みしちゃいました。
(区画が残り少ないらしいので)2分の1区画で約19万円です。
ワインちゃんで申し込みましたが、皆様からもメンバーを募りたいと思います!
10人だったら1口19000円でワインは10本程度(白ワイン限定です)
20人集まったら1口1万円程度でワインは5本ですね。いかがでしょうか?
興味のある方は、直接来店されても、お電話でも、メールでも結構です
お気軽にお問い合わせください。最低10名、最高20名で締め切ります。
・・・ってまだ本契約に到っておりませんが。契約を前提として。
秋には皆で勝沼に葡萄の収穫に行くぞ~!楽しみです!
ドイツにも葡萄畑のオーナー制度があるのですがいかんせん遠い(泣)
皆様の参加、お待ちしております☆

日曜日のワインちゃん☆

昨日の日曜日は、お友達のお誕生日会をいつものメンバーで♪
コックさんは週末のお疲れがたまりにたまって欠席でしたが。
鰻谷にある「エテルナ」というブラジル料理のお店で乾杯~♪また
ワガママ言ってシャンパン持込みさせて頂きました。エテルナは
シュラスコの食べ放題のお店です。飲み放題コースもあるので
飲んだくれの私達には安心して飲めるお店です。

  エテルナ
シュラスコは各テーブルにブラジル人の(多分)店員さんが持って来て
切り分けてくださいます。「イチボ~いかがデスカ♪」イチボ美味しい♪
一番人気です。チキンやソーセージ、ラム、豚バラとメニューは豊富。
牛のコブもありました。もう飲んで食べてお腹いっぱーい☆になりました。
シャンパンも美味しかった~♪大満足のあとはカラオケへなだれ込み・・・
その後は心斎橋の「VISCO」さんへ。カウンターだけの小さなお店の
フレンチバール?かな?遅くまで開いてるのでいつもお世話になってます
   ビスコ

昨日はVISCOさん4周年で、大賑わい。お店の前も人であふれ、
お店の中は立ち飲み形式で、しかも2列・・・スゴイ。近藤シェフも
40歳。いつも若々しくて素敵な笑顔。飲んだくれの私達にも優しい♪
去年の周年の時は、自転車で帰ったのですが方向をどこかで間違えた
らしく・・・こいでもこいでもたどり着かず(泣)気付いたら天王寺でした。
何故だあ~!それからまた間違って天下茶屋・・・。帰ったの朝5時!!
今年は同じ過ちはしたくないのでタクシーで帰りました♪
仕事も、性別も、年代もバラバラな気の合う仲間とたまに会って
ワインを囲んで朝まで大騒ぎ・・・こういう時間は本当に貴重です。
明日からまた頑張ろうって思えます。ワインちゃんも、そんな店でありたい
と思います。仲良しの友達と、気取らずワインを楽しめる店♪

和牛マルシンのステーキ

・・・土曜日にサーバーのなんとかで更新が出来ませんでした。
まとめて今日UPさせていただきます。あまり新鮮じゃなくなってますが。

  090612_2036~01
>シェフ~、金曜日はすんごい大忙しでしたねえ。ビックリしましたね。
「2回転したもんなあ。金曜日だけでだいぶ痩せたで!」
>それは絶対気のせいか錯覚ですけど。ありがたい事ですね
「そうやな~1度来てくれたお客さんがまた違う誰かを連れて来てくれて
人が人を呼ぶって感じで。感謝してます。ま、料理が美味しいしな」
>自画自賛はどうでもいいんですけど、皆様喜んでくれてましたもんね。
 最近は同じ和牛でも、マルシンや、ヒウチがオススメになったりしてますね。
「みすじは勿論美味しいけど、赤身の肉の、しっかり肉の味が楽しめる事や
部位によって違う食感を楽しんでもらったり、食べ比べて欲しいと思って」
>金曜日は「ホワイトアスパラ」が入って後半のご予約のお客様にお出しした
 ホワイトアスパラを楽しむ為のワインによく合ってましたねえ。
「なんか香りが共通してたよなあ。同じ畑でアスパラも葡萄も育ててるんかな」
>違うと思いますけどああいう、お料理とワインのマリアージュ的な企画は
 楽しいですねえ。お客様にソムリエールがいらっしゃったからこそですけど。
「せやなあ。また季節の食材で何かやってみたいなあ。ああやって皆で飲むと
ワインは色々飲めるし楽しいやろしなあ」
>話の中で「ワインちゃんがワイナリーのオーナーになって皆で1口ずつ
 買ったら楽しいんじゃない?」って盛り上がりましたけどどうですか?
「ああ!勝沼のワイナリーね。1区画36万円やろ。いいよね。来年皆で収穫
しに行けるしな~楽しいけど3口ぐらいしか集まらなくて全部俺が払う羽目に
なったらオマエの給料は間違いなくワインで現物支給やけどな」
>・・・・嫌やなあ。それは。資料がきたらブログ上でもメンバー募ってぜひ
 実現させたいですけどねえ。
「そんな事よりオマエ!タイガーマスクが亡くなったんやで!大変や」
>そうらしいですね。料理に関係ないので後でゆっくり語って下さい。

何故か対談形式にしてみました(笑)意味はありません♪

香川県産ホワイトアスパラガス&本日の野菜たち

  090612_1357~02

本日はご予約でいっぱい・・・しかも2回転。今日のご予約にどうしても
欲しかったのが「ホワイトアスパラガス」やっと入荷しました☆
大きいのは香川県産、細いのは北海道産です。グリーンアスパラと
食べ比べでおすすめしようと思っています。左側のグリーンの太い物体
これは何でしょう!!へちまでも瓜でもありません。「ジャンボズッキーニ」
です。大根より太いし大きい。重い・・・。金曜日のランチと水曜日のディナー
に入ってくれてるバイトのちかちゃんをビックリさせる為に購入しました♪
ヤングコーン、ほおずきトマト、丸茄子、本しめじ、ヤーコン、加賀太胡瓜、
色々取り揃えております☆さあ今日は大忙し!野菜たちももうすぐ出番
ホワイトアスパラガスを楽しむ為に造られたワインもご予約が入って。
今宵も楽しい、ワインちゃんな夜になりそうな予感です♪

ホヤ。

ご存知ですか?ホヤ・・・。

  090611_2016~01
お客様からお電話を頂きまして。「ほやいっぱいもらったんだけど!どうやって
食べるの??」私が岩手県出身なのを思い出して下さってありがとうデス。
2個、おすそ分けして頂きました。ワーイ♪故郷の味♪
ウチのお父さんのお酒の肴が「ホヤとピータンとアボガド」なので昔から
我が家の食卓には(というか岩手県民には馴染み深い海の幸です)欠かせない
東北新幹線に乗って、車内販売で必ず売ってる「ホヤの燻製」ああ懐かしや。
ホヤは、固い外皮に覆われた、ちょっと(いや、かなり)グロテスクな見かけで
ホヤとナマコを初めて食べた人には国民栄誉賞を授けるべきだと思います!
脊索動物門尾索動物亜門海鞘綱(ホヤ綱)です。読めん。動物なんだーっ。
幼少期はオタマジャクシのような形で、岩や貝にくっついて大きくなります。
コックさんも「原形」を見たことがないらしく大ハシャギ・・・・・

   090611_2017~01
早くさばいて見て~!どうやんのー!・・・・なんて騒いでいたのでお客様が
「なになに?」触りたい~!って。では私が岩手県民力を発揮して!
お刺身で召し上がっていただきました。一般的には「生」で食べますが
茹でても食感が変わって美味。また、三陸では焼いて食べたりします。
(上級者向き)非常に美味ですが独特の「磯臭さ」に好き嫌いが分れそうです
外皮を剥くと、中に海水(かな?体液かな)が入ってるのでその海水につけて
明日まで保存できます。ちなみに岩手県では「3個200円」とかでゴロゴロ
売っています(笑)天然モノは数が少ないですがそれでも1コ200円ほど?
大きいけど意外に中身は少ないし・・・明日のご来店のお客様には強制的に
味わっていただきます♪「海のパイナップル」ホヤでした☆

ツタンカーメン豆の豆ご飯 その2 &ワインちゃんについて

前記事の「ツタンカーメン豆」美味しく炊き上がりました
緑の豆がどうやってピンクに変わるのか興味津々で♪

   090610_1645~01
これは、炊き上がった直後です。普通に白い豆ご飯・・・・。

   090610_1854~01
そして炊き上がって3時間経過・・・・キレイなピンクになりました。
不思議ですね。2種類盛り合せてお出ししたかったな~。
香りもよく、美味しいご飯でした。北海道のお赤飯を思い出しました
あちらでは豆の他に「食紅」を入れて本当に真っ赤なお赤飯にする
んだそうです。見るからにおめでたい感じ・・・・・。

さて、今日はコメントでお問い合わせにもありました、ワインが飲めなくも
詳しくなくても大丈夫ですか?にお答えしようと思います♪ワインちゃんは
自分達が、フレンチや、イタリアンというジャンルではなく、もっと気軽に、
ご飯も食べられてそれでいて肩肘張らずにワインも飲める店が欲しい!
コース食べたりもしたいけど、もっと普段使い出来る店を・・・と考えていて、
コックさんがデザイナーのキタオカ先生と打ち合わせ中に酔っ払って
「ワインちゃんてよくないっ?」大阪の人って親しみこめて(なのか?)
「飴ちゃん」とか言うし!いいねいいね♪・・・で決まったようです。その時は
オイオイ!と思いましたが、今となっては気楽に入れそうだし、好きです。
ワインちゃんのコンセプトがちゃんと名前に現れてますよね。
そんな訳で、ワインが飲めないお客様は、結論は「大丈夫ですよ」です。
ワインだけではなく、ビールも焼酎も揃えております。ただ、お料理が
「楽しくワインを飲めるような」「ワインを合わせて引き立つ」ように作って
おりますので、ワインを飲まないよりも、飲まれた方が、合うかな?とは
思います。先日ご来店下さったお客様が、お連れ様がワインいらないって
おっしゃった時に「ワインちゃんでワイン飲まないなんて、CoCo壱行って
カレー食わないのと同じやぞ!」って笑ってらっしゃいましたが。
ウマイ事言うな~♪って大笑いになりました。ワインに詳しくない方や、
前に飲んだけど渋いだけだった!と思われているお客様も、お声をかけて
頂いたら、ご予算に合わせて飲みやすいワインや、ご希望に沿ったワイン
の提案をさせて頂きます。もちろんソムリエではないので感覚で。ですが。
飲まず嫌いではなく、そうしておっしゃって下さって、少しずつワインの
楽しさ、美味しさを知って頂けたら、こんな嬉しい事はありません。
ぜひ、気負わずワインをお楽しみください。お待ちしております♪

ツタンカーメン豆

   090610_1258~03
さやが紫色で中身の豆はグリーンのこの豆「ツタンカーメン豆」と言います。
イギリスの考古学者カナー・B・カーターが、ツタンカーメン王陵を発掘の際、
副葬品の中から、当時のえんどう豆が見つかり、その後、この考古学者により
栽培に成功、米国での栽培を経て、日本にも伝わりました。悠久の時を経て
現代の日本で味わえるなんて、神秘的!この豆、炊き込みご飯にして保温して
おくと、紫のようなピンクのような色に変わるそうなんです。故か、魔法の豆などと
言われたりも。・・・という訳で今からレッツ豆ご飯♪してみます。上手く出来たら
今日のコースのご予約のお客様はピンクの豆ごはんをお出ししますね。


       090610_1423~01

話は変わって、「Champagne Jean Pernet Grand Cru」
~Brut Blanc de Blancs R.M~
ジャン・ぺルネ ブリュット ブラン ド ブラン
長ったらしいお名前ですがつまり、「ジャン ぺルネさんが特級畑で造った葡萄の
シャンパンをシャトー元詰めにしてます」って事です。このシャンパンは
「アシェット ガイド」誌(約900人のテイスターが全てブラインドティスティングに
よって試飲を行う事からも信憑性の高いガイド誌)このガイド誌に掲載される事は
生産者にとって大変名誉であり、高評価2ツ星以上がつくと市場での値が上がったり
入手困難になってしまう事もあったり。更に全体の1%未満に与えられる
「ク・ド・クール」を獲得するのは最高の品質のワインです。
この、ジャン ぺルネは、サロンやジャックセロスなど、一流のシャンパンを造り出す
銘壌ル・メニル・シュール・オジェ村で、年間わずか330ケースしか生産されない
希少なシャンパーニュです。しかもク・ド・クール獲得。「パーフェクトな造り」と
コメントされています。とっておきの日に飲みたいですね☆
・・・実はコレ、私物です。来週お誕生日を迎える友達に、何かときめいてしまう
シャンパンはどうかしらと探していたのです。喜んでいただけるかしら♪
素敵なお誕生日を過ごして頂けるといいのだけど。贈り物を選ぶのって楽しい
ですよね。そして出来ればご相伴に預かりたいっ(笑)というか飲む気で
セレクトしたからね!(誰に言ってるんだ)

鯛のグリルと岩牡蠣のグラタン仕立て~980円~

  090609_1906~02

前記事の和歌山産岩牡蠣をグラタン仕立にしました。鯛のグリルと
盛り合せて♪牡蠣がふっくら美味しそうです。うーん・・・何を飲もうか
悩む感じ。シュワシュワしたヤツが合うかしら。辛口のシャンパン!と
言いたいところですね~。それか冷した白ワインかな?ビールかな?
ビールじゃないなあ・・・・。

岩牡蠣~和歌山県産~

そう言えば。日曜日に財布を忘れて店まで1人で来たのですが
怖かったですねえ。本町。無人・・・・。平日はものすごい人通りなのに
誰もいなくて、悪いことしに来たんじゃないのにコソコソと店に入りました。
なんで財布忘れるかなあ・・・。こんなに人気がなかったら今度道路に
思いっきりチョークで落書きしたいなあ♪雨の降る前の日なんかに♪

今日は「岩牡蠣」が入りました。和歌山県産です。大きい・・・・。
牡蠣と言えばシャブリ!!ですが今日は生ではお出ししません。
そしてワインちゃんには今シャブリがないっ(泣)なんか安くて美味しい
シャブリに巡り合えてないのです。
この大きい牡蠣はソースと絡めてグラタン風にしようと思っています。

   090609_1456~01

さて、今日はまたしても「ワインに合うバケット」のアイディアが閃いた
ので、今からパン屋さんに行って焼いてもらって来る予定です☆
明日試作品の味見をして、木曜日か金曜日にデビュー出来るかな??
自信はあるのですがコックさんに「絶対美味しいけど1本1000円とか
2000円になっちゃうんじゃないの」コスト面でダメ出し・・・ガックリ。
でも、すっごい美味しかったらあたしだったらお金高くても払うもんっ!
という訳で、コスト面含め、交渉して参ります。
今日はいい事がありました。お昼にいらしてくれるお客様にカワイイから
食べてくださいって、ほおずきトマトをお渡ししたのです。先週。
今日電話を下さって、「あのほおずき!ルート確保したからな!」??
なんのこっちゃ?と思っていたら来店されて、ニコニコしながら写メを
見せて下さいました。プランターにほおずきトマトを植えたそうで♪
すごーい!実がなるのが楽しみです。と言うかその迅速な行動力に
脱帽です☆私も欲しい~!

宮崎産鶏のグリル~フレッシュサルサソース~

  090608_1748~01

皮をパリっと焼き上げたチキンに、ハラペーニョ・ニンニク・玉ねぎを入れて
作ったサルサソースをたっぷりのせて♪800円です。
付け合せは万願寺唐辛子と少し焼いたトマトです。
今日お昼ごはんに、ハンバーグの上にのせて食べたらあらビックリ。
和風ソースにもピッタリ☆これは夏限定メニューでランチに出しても
美味しいかもです♪お楽しみに♪

ワインちゃんの日曜日~「貝や」さん☆~

昨日の日曜日は、お友達ご夫妻と法善寺横町の「貝や」さんへ♪
貝が大好き大好きなのでウキウキランランで出かけました。
1坪あるかなあ・・・6人も座ればイッパイの、小さなお店です。
またご夫婦がすっごく素敵で♪ワインちゃんは久しぶりに行きました。

  あさり~01
おまかせ(1人3300円)をお願いしました。そしてワガママを言って
ワインも用意して頂いて。楽しい楽しい宴会の始まり☆サザエのつぼ焼き
のようですが、中には大アサリとおダシがタップリ~。ウマ~イ☆
大将と、お友達ご夫妻のダンナ様が同じ高校なのが分かって、世の中
狭いねー。まあまあ大将も1杯飲んでよってワイワイ盛り上がります。
    090607_2005~01

これはなんだったかな?アサリだったかな・・・ハマグリだったかな。
なんせお皿は全部「貝」で出て来てどれもこれも新鮮で美味しい~☆
トリ貝のお造りウマーイ☆ワインじゃないな!日本酒だ~♪呉春呉春

   帆立~01
帆立は炙り加減が最高☆一口でパク!・・・コックさんはちょこちょこ食べて
焼き加減を参考にしてる様子。

    090607_2054~01
最後はいつも雑炊だった気がするのですが「焼きソバ」でした☆
おダシの味が染み込んでてウマーイ・・・感激☆です。パスタみたい♪
他にも色々出て来たのですが話に夢中&出てくるやいなや口に入れて
しまうので(泣)出てくるお料理がどれもこれも「ウマーイ」「カワイイ~」の
連続でどれも美味しい!お酒が進む。話も進む・・・・。ワインちゃんより
狭いキッチンで、23年やってはるご夫婦の息の合ったお料理・・・・
(大将が洗い物する為に横を向いた瞬間に冷蔵庫開けてるとか)
つい飲みすぎて♪あんまり楽しかったのでもう1軒!もう1本飲も♪
閉店30分前のワイン居酒屋でもう1本ワインを飲んで帰りました~
いや~美味しかったです。楽しかったです。幸せ~。よく飲んだ♪
わざわざ私達の為にワイングラスを購入してくださったらしいので
また近いうちに行かなくっちゃあ♪ビバ!貝☆楽しい仲間と美味しい
お酒。そして美味しい料理☆こんな楽しい人生ないですよねえ。
お酒が飲めなかったら絶対楽しめないもんな~貝づくし・・・・。

暑いです・・・

  090606_1643~01
眩しくて仕方ないのでランチが終わってからサングラスを買いに行きました♪
競馬で勝ったコックさんが1万円しか出してくれました・・・日本語が変だ。
(全部出してくれたらいいじゃんよぅ・・・と思ってるからです!)
暑いので今日は「ハラペーニョ」と「フルーツトマト」を使ってサルサソースを
作ります☆パリパリに焼いたチキンの上にのせて夏っぽくいかがでしょうか?
あと画像が上手く撮れない「山形産 ヒレステーキ 1980円」フォアグラのせは
プラス800円です。オススメです☆

金目鯛と海老・帆立の鉄板焼


   090604_1929~01

金目鯛は皮をパリッと焼き上げて、こちらはブルーチーズのソースです。
ワインを飲まれているお客様に合わせて、濃厚なソースに仕上げました。
梅酒やサワーを飲まれているお客様でしたら、香ばしく焼いた金目鯛に
レモンを絞ってお召し上がり頂きます。バケットにソースをつけて、それだけで
もう1杯ワインが飲めそうな。
営業中に突然。「・・・・冷麺が食べたい」ボソッとコックさんがつぶやきました。
冷麺ねえ。いいねえ。などと言っているところに、何も知らないふくちゃんが
ワインを飲みにやって来て、サラダとご飯を食べたというのに・・・・。
「ふくちゃん。冷麺食べに行こう!」3人で冷麺を食べに行きました
黙って冷麺を食べればいいのに「あっ!ビビン麺だって!唐辛子マーク3つ
だって!辛そうっ。1コこれにしよ」それとチヂミ。もちろんビールもね♪
・・・・店員さんが「前より辛くなってますけどいいですか?」と聞きにきました
が「前」を知らないので「問題ないでーす♪」なんて言って楽しく話してたの
ですが・・・一口づつ皆で食べて「ヤバ!」「辛っっ」ものすごい衝撃☆

  090605_0048~02
・・・さんざんいじってから写真撮ってるし(泣)こんなに激辛だったらアテは
チヂミじゃなくてナムルにするべきでした・・・。熱々のチヂミは全くヒリヒリを
癒してくれず。でも美味しかった!冷麺って、大阪で食べて美味しいと思った
コトがなかったので(盛岡冷麺育ちなので麺からして違う)感激しました~。
冷麺と言えば。リンゴと胡瓜とサクランボ!!カクテキがのってたら最高♪
スイカだったら嬉しい♪ヒーヒー言いながら帰りました。

今日のワンコ

帰って、ビールを1杯やりながらテレビを見ていると膝の上から
離れないワンコ(なんかもらえると思っている)仕方がないので
ワンコの為に牛スジをコトコト煮て作っておいた手作りジャーキー
をあげます(思うツボ)テレビの前に寝転がって見ていると

   090603_2227~01
すぐさま人のお腹の上にのっかり、脚をおっ広げてこのありさまです
結構重いし動けないし寝てる本人も決して楽な体勢ではないと思うの
ですが。人をクッションか何かと思ってるみたいです。ドッグランに行っても
いつも誰か知らない人の膝の上にいるし・・・。そんなおバカなところが
可愛くてしょうがないから、調子に乗るんでしょうね(笑)
「お手」って言うとせわしくお手→おかわり→伏せ→ゴロンを勝手に
ワンセットでやります。途中からはする気がないようで「伏せ」って言っても
勝手におすわりから始めて満足そうです。もうワンセットでいいや・・・。
土の上とかフローリングではしないけどね・・・。

オマール海老と鯛のグリル

おとといのリベンジ?昨日は満員御礼ワインちゃんでした。
昨日のおすすめは「オマール海老と鯛のグリル 980円」です☆

  090602_2051~01
これ980円?なんちゃってオマール海老なの??なお値段です。
このお値段で提供出来るからくりがちゃんとございまして、例えば
業者さんが発注ミスをしたとか、取引先にキャンセルされたとか・・・。
在庫を抱えてるよりは安くても売ってしまいたい、そういう事情があって
安く入った時は、こちらもお客様に少しでも美味しいものを、安く提供
したいので、還元します。もちろん数に限りがございます。
・・・この海老のような事情を持つ、美味しくてお手頃価格のワインを
入手しました☆

   ブルゴーニュ

~1999 ブルゴーニュ ピノノワール キュヴェ プレスティージュ~
9年熟成の「謎のピノノワール」です。お値段ボトルで4800円。ありえない!
「メゾン ユベール ボーモン」社は、設立が2006年の新しいネゴシアンです
(ワインの仲買人というところ)彼らが狙うのは「ドメーヌに眠っている高品質の
売れ残りワイン」ワインを見つけたら「安く売る」かわりに「誰が造ったワインか
絶対に明かさない」事を条件に契約を結び、大量ロットで購入します。
(もし高級ワインを扱うドメーヌでしたら安売りは価値が下がってしまいますし)
しかしこのワイン、データは公開されており、ブルゴーニュの心臓部分と言われ
一大銘壌地「コート ドール」県内、株密度は10000株/ha (1ヘクタールあたり
1万株植えて収量55L/ha)この数字から、高い株密度と厳しい収量制限をして
いる事が分かります(平均5000株/ha)株密度を上げるということは、機械作業
が出来ない為に、人手がかかり、葡萄も、「オイラが栄養を取るんだ」争いで
凝縮し、濃厚なワインを造り出すのです。このような手法はいわゆる高級ワイン
を造り出す格付けシャトーなどで行われ、「シャトー マルゴー」や「ラトゥール」
が10000株/ha、ブルゴーニュでは、一生飲めないかもしれない夢のワイン
「ロマネ コンティ」が12000株/haを実践しています。つまり・・・特級クラスの
ワインという事。ヴィンテージを感じさせるガーネット色のワインから煙や皮の
ような熟成香、ニッキ、シナモン、ドライフラワーのローズのようなふくよかな
香り、複雑で、エレガントでまろやかで・・・・こんなワイン、1万円払えば
飲めても4800円では絶対にのめません。オススメです♪
どうする~!ロマネコンティのワインだったら~!(あり得ない)とか言いながら
何故9年間も、どこかの高級ドメーヌで寝てる羽目になって何故今それが
自分の前にあるんだろう・・・そんな運命のめぐり合わせ、こんなワインに
巡り合えた今日この日に、皆で乾杯♪しませんか?
1999年、全日空機がハイジャックされ、函館空港でSWATが突入し、
GOGO!郷ひろみがゴールドフィンガー’99を歌い、モー娘はラブマシーン♪
そんな時代もあったな~。の年に生まれたワインです。

アーティチョーク

昨日は20時にお客様がいなくなって、電話も鳴らず・・・・。
思い切って帰っちゃいました!先週毎日遅かったしね(何の言い訳だ)
ワインちゃんの常連さんのまさのり☆君のブログ見てたら塩ラーメンが
急に恋しくなって、帰りに突撃☆千日前の「小洞天」です。おっちゃんの作る
手作り餃子と、キリンビール、そして塩ラーメン。私の中ではダントツ♪

  塩ラーメン

昨日は美味しいラーメン食べたし!早く寝たし!今日はリベンジです!
張り切ってワインもいっぱい入れております♪

 090602_1427~01

 この、お花みたいな野菜は「アーティチョーク」です(和名「朝鮮アザミ」)
フレンチやイタリアンではすっかり定番ですが、日本ではまだ自分で買ったり
調理したりという食材ではないですね。つぼみの、中央部分を食べます。
グリルドマリネや、ピクルスにしてチキンや、きりっと冷した白ワインにピッタリ。
お肉のつけ合わせにも使います。食感は・・・百合根とかじゃが芋に近いかな?
今日オススメのワインは、こんな暑い日に、ガツンと冷してテラス席でグイっと
飲みたい、イタリアの「マストロ ロッソ」ライトボディですが、キレもあり、
イタリアっぽい親しみやすさがあります。それから1999年のピノ・ノワール。
暑い時季にはピッタリです。どちらかをグラスでオススメしようと思ってます♪
一度お試しください。ボルドーのシャトー元詰めもお安く提供します。

いつか飲みたいワイン・・・・。

ちょくちょくのぞくワインショップさんでうっかり目が合ってしまいました。
そしてお安くなっていて「えらい安くないかい?」と聞くと、今日までね。
・・・・そりゃあ買っておかないと!!さんざん悩んで悩んで購入☆

             アルタエゴ

CHパルメのセカンドワイン「ALTER EGO」2006です♪
シャトー パルメは公式格付では3級のシャトーですが、パーカーJrも
ときにシャトーマルゴーを越える出来映えを見せるこのシャトーの実力は
もはや2級以上であるとコメントしており、実際の価格も1級と2級の間
ぐらいで、輸入業者、ボルドーの商人、そして消費者もその品質の高さに
納得、敬意を表しているといったところ。セカンドワインにしても、通常の
セカンドワインのように、まだ若い葡萄の樹の葡萄を使ったりするのでは
なく、ファーストには馴染まない、と判断された個性的な葡萄(同一畑)
を使用し、アッセンブラージュもファーストラベルとほぼ同じです。
Alter Ego=もう1人の自分。というネーミングからしても、単なるセカンド
ではなく、ファーストワインと表裏一体という感じです。
ワールテローの戦いで、ナポレオン軍を破ったウエリントン将軍の幕僚
パルメ将軍が、この銘醸造所のガスク未亡人と恋に落ち、1836年に
シャトー・パルメと命名。繊細で華やか、なめらかなタンニン。
・・・・このワインは自腹で購入したので、さて、いつ飲もうかしら
とりあえずセラーでおとなしく出番を待っててもらって、ここぞという時に
飲んじゃおうと思ってます。間違っても酔った勢いで「アレ開けちゃお」
とはなりませんように~。もう1本、高島屋でやっている「マダム ルロワ」
フェアのワインが欲しくて欲しくてしょうがないのですが・・・。
(高島屋はマダム ルロワの株主なので品揃えが豊富なのです)
1本3万円・・・毎回見に行っては「何かお探しでしょうか?」と声を
かけられるのですが「いえ!欲しいけど手が届かなくて見てるだけです」
お年玉、使わないで大人になるまで貯めときなさい!ってお母さんが
言ってたの、ホントだったな~。シルバニアファミリーなんかに
つぎ込まなきよかった・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。