スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特製 オニオン「麩」ラタンスープ

昨夜、お客様とワイワイ(いや・・・ぎゃあぎゃあかな)騒いでいて、「今年の漢字」
の話になりました。「今年の漢字は何が選ばれるんだろうねえ」明るいニュースがまるで
なかったけれど「揺」だの「滅」だのにはならないよねー。え?あれって誰が決めてるの?
あのお坊さん?(ちげえわいっ)調べてみたら全国の主な本屋さん(このへんでは本町の
紀伊国屋書店)そしてハガキ、ネットで投票出来て、一番多かった字が選ばれるそうです。
大の大人が5人で話してて誰も投票してなかったって、そんなものなのかしら?
今度行ってみよっと~。まあ、日本の今年の漢字は置いておくとして。
私自身の今年の漢字はなんだろうなあ「飲」いやいや、当たり前過ぎるって!!
「酒」・・・うーん。イヤだな(TOT)今年を振り返ると、色々なご縁をいただいて、そこから
たくさんの事を学んだり、新しい世界が広がったりしたので「縁」かなー?
上手くまとめすぎてつまんないな(笑)じゃあ10キロ太ったから「太」にしとこ!!
これからいらっしゃるお客様にもお伺いしますので考えておいて下さいね~♪

  おにふら
昨夜のおまかせより。
オニオングラタンスープって、どうやって作るかご存知でしょうか?8~10個の玉葱を
ひたすら飴色になるまで炒めて炒めて、玉葱が3分の1ほどに減ったところへ
ブイヨンスープとポルト酒を入れて・・・。とまあざっくり言うと2行ですが、ものすごく
手間とヒマがかかるお料理なのです。インスタントや、それに近いスープはブイヨンでは
なく、コンソメで味をつけてしまうので甘くないスープになりますね。かかる手間を
考えると、ホテルなどで出される「1500円」などのお値段は決して高くありません。
その上にバケットをのせて、チーズをのせて・・・。
前に作る時に、「麩」が大好物の私がバケットの代わりに「油麩でやってーやってー」と
駄々をこね、作ってもらった時に、油麩の食感と、スープを吸収し具合が「最高☆」
なのが分って、以来ワインちゃんでは「オニオン 麩ラタンスープ」をお出ししています
(私の賄い用に油麩は常備してある)砂糖やコンソメの甘さではない、玉葱の本当の甘み
を、堪能していただきました♪あったまるひと皿です。

  うちわえび
使徒がやっつけられて横たわっております。生きた「うちわ海老」(島根産)を
コックさんが炭火の上に「えいっ」季節の野菜とともに。下仁田葱と万願寺唐辛子。
遠赤外線の効果でお肉はよりジューシーに。野菜はより旨みが豊かに。
まだ冬本番ではないのに「炭火飽きてきたな。熱いしな」と言い出すコックさん。
早いよっ!!先月も「塩麹を自分で作って、塩麹漬けのお肉で・・・」なんて言ってた
くせに最近は塩麹そのものに飽きてきた模様(笑)まあまあ。飽きやすい方が
お客様を飽きさせないのかも?「まだ炭火やってんの?」よりもね・・・。

  おむらいちゅ
賄いに「オムライス」を作ってもらいました。ご近所さんが無農薬の新生姜を掘りに
行ったら「採り過ぎちゃって~」たくさんおすそ分けいただいたので♪香りが良くて
柔らかいのでジンジャーライスです。ちょっとお醤油。ちょっとバターの和風ソース。
見ていると、フライパンの中で魔法のようにご飯が卵の中に上手に入っていって・・・。
ふわふわの、ジンジャーオムライスの出来上がり☆ああ美味しかった~♪
今日はご予約がございませんので、仕込みに飽きて、勝沼のお宿を決めて
それでも誰も来なかったら帰ります。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。