スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERRAS DO MINHO~VINHO VERDE~

2日続けてワンコかよ・・・。
だって昨日予約がなくて20時まで待ったけど誰も来なくて帰ったんだもん(TOT)

 おしり
ウチのワンコはこんな迷惑な寝方をします・・・。私のお腹の上に頭をおいて、お尻は
私の顔のまん前。大体わたしの隣でわたしの腕枕で寝てるのですが、寒いとこんな。
重くて目が覚める~!そしてもう1匹は私の脚の間ですやすや。いっつもママばっかり
ワンコと寝てズルイ!と娘に抗議されますが、そりゃアンタの寝相が悪いからじゃないの?

 ぽるとがる
TERRAS DO MINHO ~テラス ド ヴィーニョ ヴェルデ~
ポルトガルの白ワインです♪ポルトガル??わいん??と思われるでしょうか。
実はポルトガル、ワインの歴史は非常に古く、ヨーロッパで最も長い生産の歴史を持ち
遥か2000年以上も前に、ローマ帝国にワインを輸出していたそうです。
日本に初めて伝えられたぶどう酒「珍陀酒」(ちんた酒)もポルトガルの赤ワインで
ちんたの語源もポルトガル語で赤ワインを意味する「ヴィニョ ティント」だそうです
このワインはお客様からご希望の多い「飲みやすくって~♪美味しいワイン」です。
でも決して、飲みやすい「から」美味しいのではないと思いますが。昨今はどうしても
やわらかい「から」おいしい。甘い「から」おいしい。が傾向。テレビを見ていても
「うわ!甘い!美味しい~」なんて野菜を食べてますよね。トマトもどんどん甘く甘く
なっていますが、お日様の味がきちんとする酸っぱいトマト、大好きだけどな~。
・・・話がそれちゃった。
ワインを注文する時に、自分の好みをお店の人に伝える方法って割と難しい。
私たちの場合は「あまり樽が効いていなくて、4000円位までで~」が最優先事項。
「お料理に合う」は言わなくても、料理に合わないワインをわざわざ置いてるお店は
あまりないと思われます(笑)私はよく「飲みやすいワインを」と注文を伺うので
じゃあ樽が全然なくて、かと言ってシュール・リーだとあまりにも飲みやすいかなと
思うので(ストライク過ぎる解釈)ちょっとトロピカルな感じの香りがするワインや
女性が好みそうなソーヴィニヨン・ブランなどをお薦めしてみたり。
このポルトガルのワインは、わずかに発泡を感じます。ほんのわずか。そして清々しい。
その泡は口の中でも少し感じる事が出来て、そしてレモンや青リンゴなどのフレッシュな
果実の香りが主体。新鮮、そしてフルーティ。このワインを試飲会で飲んだときに
「あー。えみちゃん好きやろな~♪」とか、喜んでくれそうな人の顔がたくさん
思い浮かびました。しかもボトルで3000円です。どうだ♪
店の外と、中に黒板を置いて、毎日メニューを書き換えています。
黒板を見て「へ~。美味しそうだなあ」って入って来てもらえるかなあと思って。
ワインは飲まないので。というお客様が何件か続いたので先週からずっと外の黒板は
ワインの値段と種類しか書かないでいます(^^ゞ 
スポンサーサイト

COMMENTS

そうそう、その通り♪

あ~、そのワイン飲みたいっ!
って思いながら読んでたら、
いきなり名前が出てびっくり(笑)

そのワインがある間に絶対遊びに行くよ~♪
しかしまた毎日仕事帰りが10時なのよね(泣)

えみちゃんへ

このワインは、もうすこし暖かくなった土曜日の昼下がりに、えみちゃんとお外の
テーブルで飲んだら楽しいだろうなあと思って仕入れました(笑)バリの話でも聞きながらさ。あったかくなるのが待ち遠しいね♪仕事頑張ってやっつけてな~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。