スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週もよろしくおねがいします

あっという間に10月も終わりが見えてきた。もうノヴェッロ、ボジョレーのあとはクリスマス

そしてあっという間に・・・。おそろしや。娘が大学へ通うのなんかまだまだ先と思ってたのに
ガイドブック渡された・・・「地方の国公立へ通わせるなら」「地元私立大学へ通わせるなら」
いくらいくらかかるってヤツ(TOT)大阪市内に住んでて大学の選択肢なんか山ほどあるのに
誰が地方の大学へ行かせるかっつーのー!本当にやりたいことがね、そこじゃなきゃ
叶わないなら行かせますよ。獣医になりたいから北海道の、とかね、このへんじゃ私の才能が
埋もれてしまうから東大に行かせてくれってんならね。たとえば愛媛県のここなら狙えます
とか入れるとこだから行くとかおかしいよー。学校の先生は「合格率」ありきで話するから
おかしなことになる。というか自分の存在が生徒から一番身近な「大人の他人」って
分かってるかなー?家で焼肉しようって言ったら「焼肉は買うより食べに行った方が安い」
って先生が言ってた!(先生ん家みたいに安い肉でやりませんから~)とかどうでもいい
情報から「コーチより、グッチの方が高級だって」先生が言ってた!(先生の主観やから!)
なかなか面白い。25歳だか26歳の先生らしいけど、そういえば私の周りにこの年代が
いないもんなー。

       みぶ
結構前(確か9月最後の日曜)に「壬生寺」行って来た!新撰組には全く興味がなかったので
行きたいと思った事なかったのだけど、大好きな浅田次郎がね、新撰組3部作を書いてて
(1作目は岩手南部藩を脱藩した吉村が主人公の「壬生義士伝」2作目は芹沢鴨や近藤勇が
足繁く通っていた遊郭の花魁の話「輪違屋 糸里」3作目が「一刀斎 夢録」一刀斎を反対から
読むと斉藤一になるのねん)ちょうど読み終えるとこだったので見ておきたくなり・・・。
150年も前の事件なのにまだ事件があった場所に家があり、なおかつそこで生活をして
おられるとは本当に京都という場所は驚き。芹沢鴨がつまづいた文机も、鴨居に残る刀傷も
見てきました。まさか100年以上経ってこんな平和な世の中になって京都の街中を高校生が
新撰組のハッピを着て歩くようになるとは思わなかったろうね。こんな世の中にするために
死んだんじゃないぞって思ってるかな?ある意味、新撰組が願ったような世の中になってる
のかな?うちわ配ったから辞めるとか辞めないとかアホらしなーって思ってるやろなー
ま、当時はそんな(しょうもない)理由で何人も切腹させられてたみたいだけど。
 
  てんまん
ほいでから、夕食の予約まで「北野天満宮」へ。この近くだったので。でもこういうとこに
夕方に行くの嫌なのでお賽銭は入れて手も合わせるけど名乗らず!名乗らなかったら
来たことにならんやろうという安直な発想。今度ちゃんと午前中にお参りしたいです。
ここから、道真を慕った梅が大宰府まで1晩で飛んでったんだよね。本当に京都は
いつ行っても、まだまだ知らないお寺や神社がたくさんあるな~。だってまだ下賀茂神社
も行ってないし秀吉のお墓も行ってない・・・。二条城は何回も行った!

  うな
そうそう、お昼は鰻、食べたんだった☆桶で鰻が出てくる~♪「祇園 う」というお店。
私たちが1番乗りかな?って感じでお店の敷居をまたいだらなーんかおっかなそうな
店主が「はっ?予約?聞いてないわ!」って店員さんを怒鳴りつけてる・・・。それはさ
お客に聞こえないとこでやりとりせえや~。しかも予約してるし~。案内してもらった
2階の座敷にはおひとり様の先客がビールを飲んではって・・・。私たちが頼んだ
「う桶」(3人前からで要予約で8000円だったかな?結構な量だった)が来た頃に
そのおひとり様がうな丼の松を頼んで・・・そのうな丼が出てきた時にそのおひとりさまが
「いやいや、先に八幡巻き持って来てよ~」「聞いてません」「注文したよ~」ってな
やり取りが聞こえてハラハラドキドキ(TOT)またおっかない店主が怒る~!
案の定下から「八幡巻きは今日売り切れやろうが」って怒鳴ってる声が聞こえる(笑)
なんやねん。1番乗りで売り切れてかい。あ~鰻は美味しかったけどハラハラしたわ~
そのあとも注文間違えるとか私みたいについオペレーションとしてのお店を見てしまう
人間にはなんとも胃が痛い展開で・・・精神的にもう行けないな。集中でけへん!
あれ東京風だから美味しいんだよね。ふっくらフワッとしてて。
明日、10月21日(火)は休みます。チーム瓦町の研修です(いや飲み会)
水曜日がランチから営業なので1泊近場で!よーし「リゾレッタ」や~♪淡路島や~♪
・・・雨なんだろうな(笑)

   いのぶた
忘れてた!
京都産「猪豚」のグリルです。猪を撃ちに行ったら猪豚だったから買ってくれる~?って
連絡がありまして。脂身がとても上品で豚とは違う。赤身はあっさりで猪とも違う。
美味しかったです。猪、鹿、鴨・・・これから美味しくなりますね。


   

  
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。