スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペニンシュラ シャルドネ

やっと梅雨が明けたと思ったら猛暑・・・「ほどほど」とか「あいだ」は
ないのかー!岩手県民は夏の暑さに耐えられるDNAを持ってません(泣)
   
    100721_0048~0001
↑ルーツはエジプトなのが納得いく2匹の「スフィンクス座り」(笑)
ちっこい方は金魚のエサをベッドの上にぶちまけて口の周りをエサまみれ
にして私を出迎えてくれました。もう怒る気も失せる。バカすぎて。
毛が短い分暑さにはそう弱くなく。クーラーをつけたまま寝ていると寒い
のかしてタオルケットにもぐりこむかクーラーをつけない娘の部屋に移動。
長雨&猛暑の影響で野菜も葉っぱものは値上がり中。どころかルッコラや
ソルトリーフ、ほおずきトマトは市場にすら出ておりません。サラダを
食べようと思ったらスゴイ金額になるだろうなあ。と昨日コックさんが
「どうしてもウナギ食べたい」と言うので行ったうなぎ屋さん(安いとこ)
でサラダ頼んだら「水菜てんこ盛り」が来て思い知りました(笑)次にきた
つくねにも水菜。コロッケにも水菜。ウサギじゃないんだからねえ・・・。
美味しいかどうかは別として「ウナギ食べたい」欲は満たされましたが。
今朝コックさんのお父ちゃんがウナギを10匹以上も市場で買うて来て。
やっぱり親子なのか?ウナギばっかそんなに買って来てどうすんだ??
1人1切れじゃなく1人1匹。みたいな。昨日ウナギ食べなきゃヨカッタ。
さて昨日は待てどくらせど電話も鳴らず、お客様もいらっしゃらず。掃除も
飽きてちゃっちゃと閉めて帰ってしまったので写真がありません・・・。
なのでワインのご紹介。オーストラリアの白ワインです

    ペニンシュラ
面構えがカッコイイ。ヴィクトリア州モーニントン ペニンシュラのシャルドネ
葡萄はすべて手摘みで行われ、隣接するワイナリーで破砕。古樽にて20%の
自然酵母と熟成されて造られています。香りはシトラスやストーンフルーツ
(桃のような核果)特にネクタリンや白桃。上品な酸に樽由来のテイストが。
アルコールは14.5%と高めです。1口試飲して「ウッマ~!これ!」と
思ったのですが。大体飲んで「コレ高いでしょ!原価3000円超えるやろ!」
みたいに分るのですがこのワインは私が想像したよりも高かった~(泣)
そんな売れる訳ない(売りにくい)ワイン持って来んなっつーのー。と言いつつ
美味しいから入れとくわ・・・まんまと策にハマってるぢゃないか!!そのうち
オーストラリアワインに合わせたオーストラリア料理の日でも作ってその際は
ソムリエ氏に働いてもらおう(笑)オーストラリア料理?なんだろう?
オージービーフ。タスマニアサーモン・・・バーベキューぐらいしか浮かばない。
フィッシュ&チップス・・・オーストラリアじゃなくてもなあ。カンガルー??
カンガルーのお肉は低脂肪高たんぱくなのでワンコちゃんのご飯によく使います。
結構なお値段なので人間様の口には入りません(犬用だしね!)なのになのに
金魚ちゃんのエサ食べ散らかすってどーゆう事なんっ?しかもそんなに頑張って
長生きしてもらおうと努力してるのにぶくぶく太ってゆくばっち君(泣)


  
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。