スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポークのリエット

電話で自分の名前を説明したり聞いたりするのって難しいですよね。私の名前は単純で
困ったコトもないけれど(山口なんて「どう書きます?」って聞かれたこともなければ
自分から「山口百恵の山口です」って言った事もない)昨日は弔電をお願いするのに
(115にかけたらNTT金沢の人が出て面白かった)住所が必要でお父さんに聞いていて
「・・・しわちょうひづめ」紫波町はすんなり頭の中で変換できて「ひづめ?」って?
「豚とか牛のヒヅメ?」(蹄)横で聞いていたコックさんとチヒロ君が爆笑してる・・・
そんな字より先に「日詰」が出てこないの?って。言われてみればそうだなあ(笑)
実家の住所も「羽々下」なんですが「々」に苦労する。「佐々木さんの2個目のさ!」
みたいな。今日はお弁当のご予約のお客様に「北島三郎の北島です」ってうかがって
すごく可愛らしい方がいらしたのでちょっと面白かったです。次に何かの機会があれば
私も「山口百恵の山口に、美人薄命の美、藤原紀香ののりです」って言ってみようかな
・・・自分ですんごいハードル上げてどうする。
お財布を忘れて全財産を失ってから、コックさんにねだりたかりゆすり。ありとあらゆる
手段を使って生き延びている私・・・。お金がないので本を買えないのがいちばんツライ
コックさんが欲しい本があるから「みきちゃんにも1冊買うたるから一緒に行こう」って
紀伊国屋に行った時「1冊なら文庫でも新刊でも」と言うので選んだ本が

  狂い咲き
江戸時代の「刀剣商」光三郎の周りに起こる、刀にまつわるとても面白いお話。
自分では「あ!面白そう」って手に取ったのに読み終わってみたら「山本兼一」また!
お客様に貸して頂いた「火天の城」がものすごく面白かった!その後の「利休に尋ねよ」
も2回も読み返したし・・・。ご縁があるのだなあ。多分。時代小説はなんだか最近
お腹がイッパイなんだよなーとか思って海外法廷モノなども買ったりしていたけれど。
財政破綻から立ち直ったら、この人の本は揃えたいなあ。立ち直るっていつだ?
来月は勝沼に行くのに。春休みなはずの娘を誘ったら「春季講習!」つまんねえ娘だ!
(ちなみに歩く夢と書いて歩夢あゆむです)コックさんと私の名前は並べて書くと
「勝巳」
「美紀」横に読んでも縦に読んでも「かつみ」と「みき」になるんですよ♪きもっ。

  リエット
バケットの上に、ポークのリエットを。上質の脂が「ワインをくれ~」と言ってます♪
コックさんのお誕生日にクイジナートをみんながくれたのでこんなメニューも作れる
ようになりました。昨日からお出ししているイベリコ豚なんかで作ったら・・・
考えただけで美味しそうなんですけど。3000円のコースじゃ無理だろうなあ。

  すかんぴ
今夜はこのコたちがお出迎えいたしまする♪
昨夜は東京からのお客様が、ランチでいらした時に美味しかったのでと。
私のへそくりワイン(高いのとあんまり売りたくないカワイコちゃん)を開けて頂いた
ばかりか、明日東京へお戻りになるからと、今日のお昼までいらしてくださいました。
2食続けてハンバーグ!嬉しい限りです。今日も頑張るぞー!
今夜は16時半からお得意様のご予約をいただいておりますので、あまり遅くまで
働くとコックさんの電池が切れてしまいますので。遅めのご来店はお断りするやも。


  



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。