スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理を楽しむ 

電話が通じないのでたまに届くメールで家族の無事を確認して一安心したものの・・・。
オール電化高気密住宅に建て替えた我が家は停電のせいで、自分たちの状況も分からずに
いたらしく。私がメールで教えたら「ええっ!!そんな大変なのっ!!」と当事者に
言われる始末・・・なんだかな。我が家には野性味あふれるお父さんがいるので大丈夫。
でもひとつ間違えば天涯孤独の身になってしまったかもしれないと思うと。
叔父の葬式に行かなくて良かったのか行って家族と一緒に居たら良かったと思うのか
なんだか複雑な・・・。「お金落としたからムリ!」って逆ギレして帰らなかった事が
良かったのか悪かったのか。
・・・・な感じなのに仕事はしてるし予約したレストランにフレンチを食べに行ってるし
ひっちゃかめっちゃか??

La Cimeさん
ご近所(瓦町、ワインちゃんから1つ東の三休橋筋)に昨年オープンしたフレンチのお店
にランチを食べに行きました。「あまから手帖」にドーンと載ってたあのお店・・・
ももちゃんを誘って3人で、ワインちゃんのランチを終えてから。予約の電話を入れた時
「青魚とかタベルこと出来ますか?」と聞かれ。あっ♪雑誌に出てたフランスの方やわ!
予約の電話からフレンチ気分に浸れるって嬉しい。もちろん私は豆が嫌いだし・・・
ももちゃんはズッキーニとかアーティチョークとか食べられない(TOT)
でもコックさんが「そんな事言うと本当に美味しいものが食べられないから」と言うので
この時季に豆を外すなんて確かに愚か者の行為だ。苦手なものを克服するチャンスだと
思って。いざ行かん。「言うてもそれがメインでは出てこないんだからさあ」ね?

  らしーむ
まあお店の中のステキな事!可愛らしい置物たちや、大きなテーブル。あれでクロスが
かかってたら仰々しい堅苦しい感じなのでしょうが、木の感じが親しみやすくて落ち着く
本町なのに本町ではない。大きな鏡やカーテンの向こうは「ナルニア」がありそう!
これは絶対美味しい!
・・・なんつって。メニュウ見たら笑ってしまいました(ランチは5000円のコース)
「アーティチョークと白インゲン豆のスープ」ぶひぃ。あたしとももちゃんの苦手が!
お料理に合わせてワインをお願いします、とアーティチョークを外そうかどうしようか
って「でも大丈夫!食べるわ」と言ったももちゃん。いやいや、シェフに伝わるって。
お魚のサバのなんとかも私は「むぅ」あまり得意な分野じゃないのよね。コックさんは
いつも「上バッテラ」を食べたいのに私が食べないのでブウブウ。
今日は「嫌いなものを克服するチャンスを与えられた日」なのだ。食べますとも♪
最初はシャンパーニュから♪「明日はフレンチだから」体調を整えて・・・なはずが
金曜日にまたバカみたいに飲んだ私達3人。「まだ酔っ払ってるのに」いや酔ってて
良かった。暴走しないで済む(笑)ワインもどれもリーズナブル。グラス1500円迄
最初のお皿から、フレンチの楽しみが全開。あわあわ♪とか色のコントラストとか。

  ヨーグルト
素材ももちろん素晴らしいのだけど、手のこんだ「料理」が楽しい。
合わせて出てきたシャブリも、ワインだけ飲むと「大丈夫かな」と思うのに、お料理に
見事にマリアージュ。小さめのグラスに、シャブリは「サバに置いておいて」
アーティチョークとインゲン豆のスープを味わう為のワインが出てきましたよ♪
スープはやっぱりももちゃんのだけ「根セロリとクルトンと・・・」アーティチョーク
を使わないスープでした。せっかくだから飲ませて~♪と交換すると(セロリ嫌いな私)
美味しい!!セロリがこんなに甘いなんて!ももちゃんもアーティチョークのスープに
感動・・・。お互いにそのまま交換・・・ジャン(フランス人のギャルソンの彼を勝手に
ジャンと呼ぶ私達)にバレるって!せっかくももちゃんの為に作ったアーティチョーク
抜きのスープをももちゃんが飲まないっつう(笑)このスープの余韻はこの後いつまでも
いつまでも。今でも「あああ美味しかった」と感動がよみがえるのです。
どのお皿も美味しかった。まだお若いけれど、ここのお店のシェフは間違いなく、
近い未来に大阪のフレンチといえば!すぐに名前が挙がる事になるだろうな。
星も取るだろうな。鯖のふっくらさ、塩加減、火入れの絶妙さ。これは鯖なのか?
良かったな~。鯖キライとか言わなくて。少し時間が経過したシャブリも最高でした
魔法にかけられたみたいに、一皿一皿に、ワインに感動しました。
途中でジャンが(ジャンではなくてケヴィンらしいが)「初めてですよね」とか
「お酒・・・好きですよね!」とか話しかけてきてくれてまた楽しくなってくる。
残念ながら、店内にいたお客様は「水のみ」のテーブルと、メインなのにおそらく最初の
オーダーの白ワインのままだったり。お料理を100%楽しめるのかというと・・・。
そんなワケないだろう。でもこれが日本人の現状なのが残念。ジャンは腐らずに明るく
サービスをしているけれど・・・大丈夫!私たちが飲みますからっ。任せておけ!!

  ほろほろ
フレンチの「・・・こんだけっ?」みたいなお皿はなにもなく。もしかしてここのシェフ
も食いしん坊さん?みたいな(笑)鯖にしてもほろほろ鶏にしても「真ん中」しか
出てこないのがスゴイとコックさんは感動しきり。このボリュームでこの緻密な味で
5000円は安い。(晩ご飯が食べられないぐらいお腹いっぱい。実質2食分だし)
しかも交通費がいらない(店の裏だもんね)し。デザートに合わせて出てきたアルザスも
美味しいワインだった!夜も絶対に行くぞ。あの大きなテーブルで、ワイワイとみんなで
楽しみたい。キライだと思っていたものを克服するチャンスにも恵まれたし・・・。
来月も、行きたいな♪ジャンに会いに(だからジャンじゃないっつの)
お会計はもちろん。コース代とワイン代が同額ぐらいでした♪この金額を安いっ!と
思う人は立派な飲んだくれです♪これからは豆キライとかセロリ抜いてとか絶対に
言わんとこ☆(と言いつつグリーンピースだけはコックさんのお皿に)アイツだけは
まだ克服できそうにない(泣)でも近いうちに。

  いべりこ
ジャンとシェフに見送られてドアを開ければそこはもう本町・・・。日常。
なのに残る幸福感とお腹いっぱいの満足感。「これで真っ直ぐ帰って寝られたらな」
土曜日のディナーも満席御礼。でも「頑張るぞー!」って思えるのがいいなあ♪
画像はイベリコ豚のカルビです。いつもはお仕事のお客様といらっしゃるお客様が
今夜は奥様と、可愛らしい息子さんとご来店くださいました。帰りがけには
「ブログに載ってたお店!行って来ましたよ~!すごく美味しかったです!」って。
あう!釜匠さんですかっ。ずるぃぃ~。私も行きたいぃぃ~! 

  


スポンサーサイト

COMMENTS

おはようございます

ここ、何度か覗いてて気になってたんですが、やはり美味しいんすね!5千円出してまずかったら、裁判ものですが((( ̄へ ̄井)
ディナーは、確かランチの3倍でしたっけ?(T^T)
あっちの世界の住人になりたい。。。

おいしそう

ご実家 ご無事でよかった! どうなのかな~と思ってました
変にTV見てるほうが不安を煽われて めっちゃ怖いです
フレンチィィィ おいしそううう!
好き嫌いないから 私はなんでも楽しめますが、量が食べれられないのが
玉にキズ  お料理に合わせるワインもよくわかんないけど
おいしそうなのは めっちゃ 伝わったよ
フレンチ行く前に ワインちゃん埋まる前に予約できるように がんばりまっす!

わるのり☆さんへ

ディナーは1万円のコースに4月からされるらしいですよ~。以前はアラカルトのみ
でしたもんね。あまから手帖に載ってたお料理だけオーダーされたら(しかも酒なしで)
お店もそうでしょうけど私も暴れるー!!あっち側にはなかなか行けないけれど
あの5000円のコースはアリ!美味しかったですー(^^♪ 大満足!

あいちゃんへ

なんかタイミング合わなくてごめんちゃい(TOT)
自分ではそんなつもりないのに私は周りから「好き嫌いの多いヤツ」って思われてた~!
多いかな・・・。近いうちに来てね♪みんなで岩手を応援しなきゃ

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。