スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河産鰻とバターライスの丑の日

夜だと言うのに真っ黒なサングラスをかけていきなり「2人行ける?」と聞いてきた
若い女の子・・・・。あんたら入れたらナベ君もちかちゃんもお外で飲ましてないわいっ
その前に空いてても断るけど!!人に何か尋ねる時はサングラスを外しましょう。
お店の中に入ったら帽子は取りましょう。他のお客様にも、お店にも失礼でしょうがっ!
「そういう事をアンタがすると、親が笑われるんだからね!どういう育て方したんだって」
私はいつもそう言われていましたけど・・・最近はそういう風に親が教えないのかなあ?
自分が笑われるならまだしも、お母さんが笑われるなんてイヤっ(><)って思ったもんだ
なーんて思ってる自分も、自分より年配のどこかの人に「最近の母親はなってない」とか
「最近の大人は・・・」なんて言われてるのでしょうか。時代の流れってヤツなのかな?
ウチの娘も、そう言われるようになっちゃうのかなあ。頑張って怒ってますけど(笑)

  ムール
昨夜のおまかせより「2種類の貝の冷製」です。昨日はもし私が初めてワインちゃんに
来たとしたら大いに勘違いしてしまいそうなぐらい貝のメニューが豊富で(笑)
岩牡蠣もあったしムール貝も鮑も・・・。多分1週間もしないうちに「あの店また行こ!」
とか言い出して次に来たら「アレッ?貝あらへん・・・」みたいなオチが目に浮かぶ・・・
左)ムール貝は新じゃがとオマールコンソメの冷たいソースで。
右)野菜と一緒に蒸した鮑と、その肝で作ったソースで食べるカッペリーニ
  (画像では分かりにくいですが鮑の下にカッペリーニが少し隠れています)
夏らしいメニューです。美味しかったな~。貝・・・。

  うなぎのごはん
〆は三河産鰻と、牛蒡のバターライスです♪丑の日ですからね~。ちょこっとだけ。
さて新聞に「世界最古のシャンパン落札」のニュースが。1841年にロシアの皇帝
ニコライ2世の元へ輸送中だったシャンパンたち。バルト海の沈没船から引き揚げられ
約170年の時を経て、シンガポールにあるロシア料理店に335万円で落札されたそうです
170年前のグーヴ クリコ。ロシア皇帝が飲むはずだったシャンパーニュ。現代に甦って
遥かな時の流れを経て、どんなロマンを味わわせてくれるのでしょうね。庶民にはもちろん
買えませんが(TOT)日本では「天保の改革」が始まった年のシャンパンです・・・。
沈没船に居た間は時が止まっていたけれど。引き揚げられた瞬間に、浦島太郎のように
時間を取り戻し、儚く泡が散ってしまう・・・そんな結末がいいな。
335万円で買ったのは、先人の努力やその頃の時代に思いを馳せる夢と時間でした。
そんなんがいいなー。「ええっ!!これで170年も寝てたのっ?フレッシュー!」じゃあ
なんだかつまらなくない?なーんて。買ってないから言いたい放題(笑)
大塩平八郎や、長谷川平蔵がシャンパン飲むところを想像してみたり・・・鬼平様が
日本酒ではなくシャンパンを・・・。うーん・・・。


 

  
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

ワインちゃん

おいちそうだわさ。・・・って、絶対うまいに違いない。

来週待ちきれないわぁ~。楽しみをため込んでおきまつ。

No title

あ~、いつもの貝ある~?
えっ!無いの!?(笑)

AケンBもうすぐ48歳て??

カーイ貝貝♪愉貝爽貝痛貝♪貝ブツ君~♪
ケンケンちゃまがお出ましになる日は、コックさんも気合入れちゃうわよーん。

くらげちゃんへ

アタシいつもの貝大盛りで!あと貝のお汁で最後ちょっとだけ麺食べたいーっ♪
・・・・え?ココそういう店ちゃうかった?!ツブ貝食べ放題って・・・聞いたような・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。